NYのマディソンスクエア公園で発祥し,今年NY証券取引所に上場したことで話題になったファストフードチェーンのシェイクシャック。あのスターバックスを日本に上陸させたサザビーリーグが日本のスターバックスとの資本解消し,次に上陸させるのがこのシェイクシャックということでも話題になっている。11/13にオープンしたばかりの店舗に早速チェックしてきた。

場所は神宮外苑の銀杏並木。オープンテラスも気持ち良くロケーションとしては最高の場所だろう。
オープンは11時だが10:40ぐらいにはすでに列は100mくらいできていた。

1時間45分くらいでカウンターまでたどり着くことができた。カウンターの奧のキッチンには狭い空間にかなりの数の人が入って調理していた。

メニューはハンバーガー,ホットドッグ,ポテト,シェイクが中心。飲み物は日本では敬遠されがちなルートビアもあり,アルコールも用意されている。

この注文が終わるとこのデバイスを渡され,出来上がるとブルブル鳴りながら番号が表示される。

さて,肝心の料理の味だが,結論から言うとまあまあ。マクドナルドと比較する人もいるが,顧客の平均単価は1000円を超えるクラスで考えると東京ではクアアイナ,ホームワークス,サードバーガー,フランクリンアベニュー達と比較するべきだろう。そう考えるとハンバーガーのバンズもパテもポテトも特に特徴的なところは無いかなという感じ。ポテトにかけるチーズももう少し個性が欲しい感じ。これだと二時間かけて食べる味では無いかなと。でも行列しないですぐに食べられるならこのロケーションで軽くビールやワイン飲みながら食べるのは十分あり。まあ味については東京はレベルが高すぎるのだろうけど。

一番美味しいのはシェイク!やはりブランド名にもなっている通り,シェイクは少し並んでも食べる価値はあるかも。小さい頃にマクドナルドのシェイクが憧れの存在だったことを思い出させるような濃厚な味。フレーバーもバリエーションが豊富なので,シェイクは是非ともリピートしたいところだ!

何故かお洒落は卓球台があります!

イー

VI展開はやはり洗練されている。アイテムも販売しているが,なかなかクール。このあたりはブルーボトルと同じような戦略を感じる。いずれにしても世界一レベルの高い都市TOKYOではあのブルーボトルも美味しさは感じ無いわけで,味だけで戦うのが厳しいのは明白。こうしたブランディング,サービス,店舗の居心地の良さのトータルで戦うのが王道だろう。地方都市もよく知るサザビーリーグなので地方都市ではかなり流行る気がする。マクドナルドは単価を少しあげてこのクラスに来るのはますます厳しい感じ。現在の顧客単価で戦うには思い切ってドーナツ投入とか考える段階に来ているのかも知れない。

*REVOLVER dino network Post | Edit